竹原信一のホームページ

自治労に思う事

-阿久根市役所職員の権力- 

本当に有った怖い話-1
中学校のPTA役員をしていた方が、阿久根市役所の職員に中学校の事を話したところ、その職員から、「学校のことを議員なんかに相談してはいけない。もしそんな事したら学校の予算を削る。これぐらいの事は簡単にできるんだ」と脅された。という。  私が市議会議員をしていた頃、議会でこの件を言ったが否定も反応もなかった。阿久根市役所はこれぐらい当たり前の事なのである。

本当に有った怖い話-2
前の阿久根市役所、尾上総務課長に関する事です。
阿久根市に市役所職員が多く住む飛松地区という所があります。尾上総務課長が勝手に土地の境界杭を動かしたことから地権者からたしなめられました。これが気に入らなかった総務課長が言った言葉は 「あんたの事を職員組合に言いつけるぞ!」

下記欄をクリック拡大して全文表示

本当に有った怖い話-1本当に有った怖い話-2
学校の予算を削る。これぐらいの事は簡単にできるんだあんたの事を職員組合に言いつけるぞ!

***********************************************************************************

阿久根市役所のストーカー犯罪

-思い通りにならない奴はいびりだせ-

二年間で約1700枚
「公務に関することが混入していることもあったので勤務時間中に確認する」 と上司に言った途端にしばらく止まった。阿久根市役所ぐるみの組織犯罪なのだ。こういったのは阿久根市役所に限った話ではない。役所はパワハラや集団ストーカーで組織の秘密を守る。そういうものだ。
 役所が休みの土曜日、このビデオ撮影をしている様子を女性職員に見られた。そして、はがきの配達が滞っている。阿久根市役所はとても神経質な犯罪組織だ。
 責任のない権力だけの状態に置かれた組織は腐敗する。役所というものは腐敗が常態なのである。

***********************************************************************************

緊急連絡

***********************************************************************************


a:5980 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

竹原信一のホームページ 竹原信一 ツイッター 竹原信一 (SinitiTakehara) on Twitter 竹原信一 住民至上主義 前阿久根市長 住民至上主義 - ライブドアブログ